日給での労働と日払い、日雇いを勘違いしている人が多いです。

単発の日給の仕事に挑戦してみる
単発の日給の仕事に挑戦してみる

日給での労働であろうと

日給での労働と日払い、日雇いを勘違いしている人が多いです。もちろん、そうしたタイプの日雇いの人もいますが、別にそれが絶対ではないです。日給であり、月給制であり、正規雇用でもある、ということはあります。あくまで給料の計算の仕方の一つであるといえます。名前の通り、一日いくら、と言う形での給金の支払いになります。時間は決まっており、それを越した場合は残業代を支払うのが原則です。時給制でもあるわけですが、それは日給を時給に換算して、残業代を出す、と言うことが多いですから、意外と面倒ではあります。しかし、労働者としてはそのあたりはよく知っておいたほうがよいです。それに日給の労働であろうと社会保険に加入することができることもあります。特に雇用保険なんかは条件をクリアしているのであれば、義務になります。任意ではないですから、注意することです。

日給で仕事を決める、というのも悪いわけではないですが、仕事は一生物になる可能性もあります。また、それを想定するべきでもあります。ですから、よくよく検討してから仕事は決めたほうがよいです。日給も大事ではありますが、福利厚生云々も考えて、総合的な待遇とキャリア構築の方針で決めることです。