給料の考え方、というのはいくつかありますが、その一つが日給です。

単発の日給の仕事に挑戦してみる
単発の日給の仕事に挑戦してみる

日給での支払いというのは

給料の考え方、というのはいくつかありますが、その一つが日給です。要するに一日いくら、と言う形になります。そんなことは当たり前ではないか、と考える人も多いでしょうが、意外と理解していない人のほうが多いです。簡単に言いますと休みが多くなりますと給料が減ります。それが日給月給という方式であり、固定給ではない、ということになります。これはどちらがよいのか、ということではなく、そうした方式である、という程度の違いです。正規雇用であることもありますし、非正規雇用でもそうしたことはあります。ですから、一概にどちらがよいとは言い難いです。とにかく、しっかりと給料形態を理解しておくべきです。そうすることが賢明であるといえます。当たり前ですが、相場があります。要するにどんな仕事を、どこでやるのか、ということによって日給には相場が存在します。

都市部ほど高くなります。田舎は安いことが多いです。逆に余りにも辺境なところですと人が集まらないので、高くなることもあります。そのあたりはスキルの程度にもよりますし、はっきりいって、考え方次第でもあります。基本的にはストレスの溜まりにくい仕事にしたほうがよいです。それが長く続けるコツであるといえます。

就職・転職・求人でも話題の求人に関わる話は、ココをブックマークしましょう